高松で家を建てるなら高性能住宅がおすすめ!今人気の注文住宅メーカーを紹介し ています。

高性能住宅は気密性が高い!意外なデメリットもある?

公開日:2021/06/15

高松で高性能住宅の建築を検討する人も多いですが、このタイプの住宅は気密性が高いことが1つの魅力だといえます。気密性が高いことによって快適に生活できるようになりますが、意外なデメリットが潜んでいるケースもあるので注意が必要です。高性能住宅の魅力とデメリットの両方を知り、満足度の高い住宅が購入できるようにしましょう。

高性能住宅は気密性などの性能がよい

高性能住宅を高松で建てるのであれば、さまざまな性能がよい住まいを手に入れることができます。明確な条件や基準はありませんが、気密性や断熱性、耐震性や省エネルギー性に優れていることが多いです。一般的な住宅では備わっていない性能が備わっている、一般的な住宅よりもグレードが高い性能が備わっていれば高性能住宅と呼ぶことができるでしょう。

共通する明確な基準はないものの、建築会社によっては自社で特別に基準を設けているケースもあります。さらに、それらの性能を活かすための設備やシステムが導入されているケースも多いです。たとえば、省エネルギー性が高い家は、自宅で使用されているエネルギーを一括で管理できるコントロールシステムが採用されているケースがあります。気密性や断熱性が高い家では24時間の換気システムや全館空調が導入されているケースが多いと知っておくとよいです。

高松で注文住宅を購入する人の中には、ハイクオリティなマイホームを手に入れたいと考えている人もいるはずですが、優れた性能をたくさん備えている高性能住宅を建てるのであれば、満足度の高いマイホームを購入できるでしょう。依頼する建築会社によって具体的な性能やグレードは違っているので、気になるサービスを見つけたら、まずは詳細な情報を探してみることがおすすめだといえます。

気密性などの性能がよいことによって快適な住環境が手に入る

気密性などの性能がよいことがウリとなっている高性能住宅ですが、性能の高さは快適な住環境の実現に大きく貢献しています。住まいは気密性や断熱性が高いほうがよいという意見を聞いたことがある人は多いはずですが、具体的なメリットまで知らない人も多いです。

気密性や断熱性が高い家に住むのであれば、室内に空気を留めやすいので少しの冷暖房で室内をしっかり冷やしたり暖めたりできます。夏は涼しく冬は暖かく過ごせるだけではなく、エアコンをフルで稼働させなくても充分な効果が期待できるので、電気代を節約することにもつなげることができるでしょう。隙間風が入ってくるような住宅は、暖房のついていないトイレや洗面所などに行くときに急に身体が冷えてしまうことが多いです。暖かい場所から寒い場所に移動したときにはヒートショックが起こることもありますが、気密性や断熱性が高いことによって家中の温度を均一化しやすく、この問題を防ぐこともできます。

他にも、気密性が高いことによって遮音効果が期待できるというメリットもあげられるでしょう。一戸建てであっても自宅から出る音が気になる人は多いですし、反対に外部の音が気になるケースもあります。気密性がまったくない家と比べると音をシャットアウトする効果が期待できるので、自宅から出る音や周囲の音を神経質に気にする必要がなくなり、快適に生活できるはずです。

対策が講じられていないと問題が発生することもある

高性能住宅はとても優れているものに感じられるかもしれませんが、意外なデメリットもあります。さまざまな性能を備えた家にしようと考えるとき、予算が足りなければコストカットを行う必要があるでしょう。注文住宅でコストをカットするためには、材料や設備のグレードを下げるというコストカットが行われることもあります。これによって期待する性能やデザインをクリアした家を建てられる可能性が高いですが、グレードを下げることによって問題が発生する可能性が高いです。

気密性が高い家は夏に日差しが入り込みにくい仕組みを採用しておかなければ、差し込んだ太陽光によって暑さを感じることになりますし、性能のよい24時間換気システムを導入しておかなければ冬に結露が発生してカビの原因となる可能性もあります。材料や設備のグレードを下げてしまうと、期待する効果が充分に得られない、起こり得る問題への対策が疎かになってしまう可能性があると理解しておきましょう。

高性能住宅はすべてよいものだと判断している人もいるかもしれませんが、材料や設備が充分なものでなければ大きな問題につながる可能性もあると知っておくべきです。場合によっては、壁の内側などでカビが発生して大がかりな工事が必要になることもあります。対策を講じておけばトラブルは起こりにくいですが、疎かになっていると問題につながることがデメリットに含まれるでしょう。

 

高松で高性能住宅を建てるのであれば、気密性や断熱性を始めとした性能がよい家を持つことができます。快適性や安全性を高めることができますが、設備や材料のグレードが低ければ思いもよらない問題を引き起こすことがあることも理解しておきましょう。よい点と問題点の両方を知った上で、このタイプの住宅を購入するかどうか検討してみることをおすすめします。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧