高松で家を建てるなら高性能住宅がおすすめ!今人気の注文住宅メーカーを紹介し ています。

「高性能住宅」の基準や定義はある?

公開日:2021/03/01

高松で注文住宅の購入を考えている人の中には、高性能住宅が気になっている人もいるはずです。このタイプの住宅について具体的な内容を知らないのであれば、基準や定義はあるのかという基本的な情報を知ることから始めることが大切だといえます。満足できる住宅を購入するためにも、あらかじめ詳しい内容を理解しておく必要があるでしょう。

明確な基準や定義は定められていない

高性能住宅は明確な基準値をクリアしたものが該当すると勘違いしている人もいますが、これにハッキリとした基準や定義は定められていません。行政などに性能を認めてもらうための申請を行う必要はありませんし、性能を確認するための試験や第三者機関によるチェックが義務づけられていることもないです。

似たような内容としてはZEHというゼロエネルギー住宅や、長期優良住宅がありますが、これらの場合は明確な定義が存在しています。一定の条件などをクリアする必要があるとされていますが、ゼロエネルギー住宅などと違って高性能住宅は決まりがないと覚えておくとよいです。

ルールが統一されているわけではありませんが、高性能住宅は断熱性や気密性、耐震性や省エネルギー性などの住まいにおける快適性や安全性を高めるための性能が高いとされています。つまり、断熱材が使用されていたり、高い耐震等級を持っていたりする家の場合は、高性能住宅に分類できるでしょう。

利用する建築会社によっては公式ホームページでこういった表現をしていない可能性がありますが、快適性や安全性につながる性能が高い家は該当すると考えてよいです。長期優良住宅などはこのタイプの住宅であると認められるために申請や手数料が必要となりますが、高性能住宅であればこういった手間や費用がかかることもないと知っておきましょう。

自社独自の基準を設けているサービスもある

性能が高い高性能住宅は明確な決まりが設けられていませんが、高松でこのタイプの住宅を建築している建築会社の中には、自社で独自の基準を設けているケースもあります。断熱性や気密性、耐震性や省エネ性などの各要素でチェック項目を設け、一般的な住宅と比較してどれほど優れた効果を発揮できるかどうかが確かめられるケースも多いです。独自の基準を設けることは必須ではないですが、お客様に安心してほしい、自分たちがつくる住宅の性能の高さをハッキリと知ってほしいという理由から独自で検査を行っているケースも多いと知っておきましょう。

自主的に検査の実施や公開を行っているサービスの中には、かなり高い性能が発揮されている住宅も多いといえます。明確な定義がない高性能住宅に不安を感じる人もいるかもしれませんが、本当に性能がよいのかどうか気になる場合は、自社で条件を定めていたり検査を行っていたりするサービスを利用することがおすすめです。

建築工程やテスト結果などを冊子にまとめて依頼主に渡しているようなサービスもあるので、信頼性が高い会社に任せたいのであれば、そういった取り組みを行っている会社を利用してみるとよいでしょう。必ずしも実施されているわけではありませんが、高松でも多くの会社が高性能住宅に対して自社で評価基準を設けていることを知っておくとよいです。

明確な決まりはないけれど一般的な住宅よりも性能が高い

高性能住宅には明確な決まりがありませんが、一般的な住宅よりも性能が高いことには違いがありません。断熱性や気密性がまったく意識されていない家では、夏はとても暑く冬はかなり寒いという状況に陥ってしまう可能性が高いです。どちらの性能も高ければ、部屋に空気が留まりやすくて冷房の冷たい空気や暖房の暖かい空気を留めることができるので、夏は涼しく冬は暖かい環境を維持できます

部屋同士の温度差が生じにくく、暖房のついた部屋から廊下に出たとしても、一般的な住宅よりもヒートショックが起こる可能性が低いといえるでしょう。耐震等級が高ければ、地震が起こったときに命を守ることができるだけではなく、そのまま住み続けることも可能です。最低限の耐震性の場合は命を守ることができても、その家に住み続けることができなくなるので大きな違いだといえます。

他にも、エネルギー消費を抑えることができて光熱費が節約できるなどの魅力も感じられるはずです。ルールが細かく決められているわけではありませんが、こういった性能が高い住宅の場合は一般的な家よりも快適さと安全さを得ることができます。長く住み続けるマイホームだからこそ快適性や安全性は必要不可欠だといえるので、高松で長く住めるマイホームを購入したいのであれば高性能住宅を選択することがおすすめだといえるでしょう。

 

高松でも高性能住宅を購入できますが、これには明確な基準や定義がないです。ハッキリと決められていないものの、一般的な住宅よりは快適性と安全性が高いといえるので、積極的に選択することがおすすめな住宅タイプだといえます。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧