高松で家を建てるなら高性能住宅がおすすめ!今人気の注文住宅メーカーを紹介し ています。

高性能住宅は断熱性が高くて冬も温かい

公開日:2021/03/01

高松で高性能住宅を建設する事例が増えており、その理由は多くの恩恵を受けられるからです。ここでは高性能住宅を選択するメリット、断熱性と過ごしやすさのこと、安全性が高いといわれる理由などについて説明しています。生活の基盤となる家は快適さを重視して選びましょう。終の棲家とすることを考えれば、理想の住宅の概念が見えてきます。

季節を問わずに快適に過ごすことができる?

高性能住宅とは性能が高い住宅という意味であり、快適・安全に過ごせるのが特徴です。高松では高性能住宅を選択する家庭が増えており、断熱性の高さから人気があります。夏場は涼しく過ごすことができる反面、冬場は暖気をしっかりと閉じ込められるのです。外気温の影響を最小限に抑えており、UA値が低数値になっています。断熱性に優れた住宅なら、冷暖房代を抑えることができます。冷暖房機器のエネルギーをムダなく有効活用できるからです。

断熱性・気密性に問題があると、外気の影響を受けやすくなります。すると夏場は暑い空気、冬は寒い空気が侵入してくるわけです。日本家屋にはもともと隙間があり、これが通気性のよさを実現している側面があります。ただ高性能住宅であっても換気扇を活用し、空気の入れ替えを効率的に行えば、隙間をあえて設定する意味はありません。

現在の高松では高性能住宅の需要が向上し、とくに注文住宅づくりで選択する家庭が増えています。日本は高温多湿の気候風土であり、夏場は非常に蒸し暑くなります。地球温暖化の影響もあり、昔より住みにくい住宅になっているのです。外気が侵入してくるとエアコンが思うように効かなくなる問題もあるでしょう。高性能住宅に住み替えしたら、光熱費が大きく減少したという話は少なくありません。毎月確実に発生するのが光熱費であり、この固定費をいかに抑えるかが家計節約の鍵です。

意外と知られていないのが安全性の高さ

高性能住宅といえば快適に過ごせるイメージがあるかもしれませんが、実は安全性の面からも優れているのです。断熱性が高いということは、場所による温度の差が小さいことを意味します。そのためヒートショックを予防するために役立ち、高松ではとくに高齢者のいる家庭から選ばれています。

温度差は身体にとって大きなダメージとなり、血圧が急激に変化することでさまざまな疾病を招くのです。高齢者が浴室で命を落としてしまうケースで多いのがヒートショックです。人間の身体は温度差に弱い性質があり、浴室以外ではトイレの危険度が高くなっています。

高齢になると心臓の機能が低下してくることから、とくに温度差には注意してください。高松も含めて日本全国に共通することですが、少子高齢化の影響で高齢化社会に移行してきています。そのため高齢者にとって優しい住宅が選ばれるようになってきたのです。

ヒートショックは突発的に発生することが多く、とくに一人暮らしの高齢者は注意する必要があります。高松で終の棲家を建設するのならば、ぜひとも高性能住宅を検討してください。断熱性・気密性に優れているので、冷暖房費用の節約、地球温暖化対策などが実現します。現在はエコが叫ばれる時代であり、エコは節約に直結するだけでなく健康にもよいのです。心筋梗塞や脳梗塞はがんに次いで命を落とす確率が高い疾患ですが、ヒートショック対策を徹底していればリスクを軽減できます

断熱性がもたらす意外なメリットとは?

断熱性の高い高性能住宅には意外な強みがあります。それは家の耐用年数を延ばせることで、これは天候による影響を抑制できるからです。たとえば雨漏りが発生している状態は、室内環境を著しく悪化させてしまいます。建材を腐食させる原因になりますし、シロアリの発生リスクも高くするのです。断熱性のある住宅は室内環境の影響を受けにくいので、住宅の傷みの進行を抑えられますし、シロアリを遠ざけることにもつながります。

つまり高性能住宅は快適・安全に生活できるだけでなく、費用対効果の面でも優れているのです。光熱費を抑制したり、リフォームの費用を軽減したりできます。どのような住宅であっても、定期的なリフォームは欠かせません。リフォームは避けては通れないコストですが、ここを抑えることができれば住宅にかかる生涯コストを軽減できるのです。

これは住宅を売却するときに、高額査定が出やすくなることにもつながります。高松で高性能住宅の検討をしている方からは、シックハウス症候群のリスクを危惧する声が聞かれています。気密性が高ければ空気が汚れやすいと考える人が多いようですが、これは高性能の換気システムを導入すればクリアできる問題です。つまり換気さえ徹底しておけば、デメリットはほとんどなくなるのです。もちろん建設費はある程度高くなりますが、住宅の耐用年数が長くなることを考慮すれば総合的に安上がりになります。

 

高性能住宅は季節に関係なく、最適な室内環境を実現してくれます。その秘密は断熱性と気密性にあり、これらが安全性にも直結しているのです。光熱費を安くする、ヒートショックの危険性を軽減する、住宅の維持費を抑えるなどのメリットが期待できます。

おすすめ関連記事

サイト内検索