高松で家を建てるなら高性能住宅がおすすめ!今人気の注文住宅メーカーを紹介し ています。

高性能住宅の指標となるUa値とは?

公開日:2021/09/15


高性能住宅とは「夏に涼しく冬に暖かい」ことで知られる、高気密・高断熱・省エネ性を持った快適に暮らせる住宅のことをいいます。高性能住宅の性能・品質を比較する際に使われる指標として「Ua値」というものがあります。こちらではこのUa値について説明していきます。高性能住宅の建設を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

Ua値とは

高性能住宅は、建築後の費用をおさえられることで知られておりますが、一番の特徴である高断熱の断熱性能を表す数値が「Ua値」です。Ua値は「外皮平均熱貫流率」を表し、住宅の内部から外部へ逃げる熱量を外皮全体で平均した値のことを指します。簡単にいうと熱の逃げにくさを表す数字で、数字が小さければ小さいほど断熱性の高い住宅となります。

Ua値が低い=断熱性の高い家では部屋ごとの温度差が少なくなるため、小さなエアコン1~2台で家中の冷暖房が可能になり、電気代の削減にもつながります。具体的な例として魔法瓶のような家とイメージするのが最適です。

冬場では暖かい空気が外に逃げにくく家全体で温度差がなくなるため、温度変化により心臓や血管に負担がかかるヒートショックのリスクが減少されます。同じく断熱性能を表す数値で「Q値」というものがあります。Ua値もQ値も断熱性能を表すため混乱しがちですが、Q値は2013年以前に使われていた断熱性能を表す数値で、省エネルギー基準の改正以降はUa値で判断されるようになっています。

高性能かどうかは地域で変わる

住宅を建築するにあたり、「Ua値がいくつであれば高性能住宅と呼ばれるのか?」と疑問に思われる方が多いので説明します。高性能住宅の特徴として知られる「快適に暮らせる省エネルギー」住宅の基準は地域ごとの気候によって変わります。そのためUa値がいくつだったら、高性能であると明確にいえるわけではありません。日本では地域により気候の差があるため、高性能住宅の指標となるUa値の基準が大きく分けて8つの区分があります。高性能住宅を表す基準は明確になってはおらず、断熱性能の高い住宅として下記の基準が設けられています。

・平成28年省エネ基準(断熱等級4級)Ua値0.46~0.87
・ZEH住宅(家のエネルギー収支0以下)Ua値0.40~0.60
・HEAT20G1,G2,G3(ZEHを上回る断熱性)Ua値0.34~0.56

北海道のような寒さが厳しい場所では基準値がより低く設定されており、南に行くにつれて基準値も上がっていきます。たとえば平地で年間の温度差が少ない暖かな気候の土地に、カナダなどの寒さが厳しい地域と同等の断熱性能を持たせても、過剰性能になります。その上、高い性能を住宅につけようと思うと、建設費も無駄に上がってしまいます。

そのため、地域にあわせたちょうどよい基準に合わせる必要があるのです。ちょうどよい基準の参考としては「断熱性能はある一定まで上がると、それ以上は費用に対しての効果が悪くなるので、最も効果の高いところを基準にしましょう」という考え方です。こうした理由で、Ua値は気候により8つの区分ごとに基準が設けられています。したがって、自身が家を建てる地域に適切なUa値はいくつなのかを把握したうえで、住宅の建設を進めることをおすすめします。

省エネ住宅の基準が変わる

1997年に定められたなるパリ協定で、日本は2020年以降の中期目標として、2030年度の温室効果ガスの排出を2013年度の水準から26%削減することが目標として定められました。それにあたり、建築物省エネ法の改正が行われ2021年4月から住宅の省エネ性能について、設計段階で建築士からお客さまへの説明が義務化されます。

そのため、建築士は設計した住宅の省エネ計算を実施した上で、その性能を正確にお客さまへ伝える必要があります。省エネ性能への基準も現在ではパリ協定の目標に到底及ばない基準となっているため、今後より厳しい基準が設けられることを考慮しておく必要があります。

なぜなら、建設した住宅が新たな義務基準を満たしていない場合「既存不適格住宅」という建設当時は適法だったが現行法では違法建築の扱いとなり資産価値を大きく崩してしまうリスクがあります。省エネ性能を上げるリフォームは大がかりとなってしまうため、新築時のコストと比較して10数倍以上高くなります。

建設時にコストを抑えようと断熱性などの省エネ性能を下げることが、住宅のライフサイクルコストを高くする大きな要因となるリスクが高くなりますので、これから住宅の建設をされる方はZEH基準のUa値を参考とされることを推奨します。

 

高性能住宅の特徴ともいえる省エネ性能は、パリ協定の目標達成のために今後より厳しい基準が課せられると推測されています。省エネ性能に結びつく断熱性能は建築時に必ず確認が必要な項目です。断熱性能はUa値という数字で表されているため、お住まいの地域の基準値を事前に確認することで、住宅のライフサイクルコストが膨れ上がるリスクを減らすことができるでしょう。ぜひ、高性能住宅を建てる予定のある方は、本記事で解説した内容を覚えておくことをおすすめします。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧