高松で家を建てるなら高性能住宅がおすすめ!今人気の注文住宅メーカーを紹介し ています。

高性能住宅で光熱費は本当に安くなる?その仕組みとは

公開日:

平均気温が高くなる温暖化の進行によって、夏の高温化だけでなく暴風などの災害率が上がっています。そういった自然環境の中でも安心して過ごすために、建設業と科学技術がタッグを組んで対処する方法を生み出しています。日本全国の急激な気温変動でも快適に過ごすために、新築及びリノベーションで需要が増えているのが高性能住宅です。

耐震と耐気候性能を持つのが高性能住宅

高松市で利用者が増えている新築及びリノベーションで需要が増えているのが高性能住宅です。設計事務所が建築する土地情報をもとに風通しなどの間取りを考え、そして技術会社が自然環境に対応した建築材料を使って建てます。

日本には四季によって気温が違うため、同様に建築も1年を通して過ごしやすい木材や珪藻土などの材料を使って建てられています。しかし何度もいうように近年の温暖化の進行によって、1年を通して過ごしやすい材料を使っても住人は耐えられなくなっているのです。

そこで高性能住宅はまず気候に対応をするために、太陽の位置などの自然環境を調べたうえで窓の数や風通しを考えた間取りを設計します。間取りを設計した後は、夏場の温度の負担を減らすために窓には薄いガラスを重ねた2重窓にすることで熱を取り入れないようにするのです。そして夏の外気温を取り入れてしまう外壁には、珪藻土だけでなく発泡スチロールといった断熱材で覆うことで侵入しないようにします。

次に日本は2011年の震災を代表するように、1年の中で数度は震度3から5の大きな地震が起きているのです。もし震度6以上の地震が来てしまうと、横揺れと縦揺れが重なってしまうと倒壊してしまいます。そこで高性能住宅は、そんな震度6以上の震災にも耐えられるように木材の増加だけでなく揺れを吸収する金具を使うことで対処しているのです。このほかにも省エネとして、太陽光発電や排熱利用機器を採用することも特徴になります。

温度を調節することで光熱費が安くなる

地震などの災害に強いのが高性能住宅のメリットですが、新築やリノベーションで需要が増えたのは生活費の中でも大きな比重を持つ光熱費が安くなる点です。夏と冬において気温が著しく変動した場合、いくら通気性のよい間取りや耐熱素材を使っても完全に過ごしやすい環境にするには難しいといえます。その場合には健康第一なので、しっかりとエアコンなどの空調設備をつかって調節してあげる必要があるのです。

この空調設備を使うのを避けられないにしても、ここで通気性のよい間取りや耐熱素材を使っていることがプラスに働きます。空調設備で支払う電力量は、室温を設定した温度にできるまでの時間に比例するのです。室温を設定した温度にできるまでの時間に要した時間が支払う電力量に影響するのであれば、室温と設定温度との間に開きがなければ少なくて済むことを意味します。

なにも対処をしないと温度が高くなり支払う電力量が増えてしまいますが、高性能住宅は何度もいうように断熱材などの熱に対処するための材質を使っているので異常な温度変動を起こしにくいです。そのためなにも対処していない住宅に比べて、光熱費は最低でも1,000円以上は安くなります。さらに高性能住宅を建築する際に、オプションとして太陽光発電や排熱処理機器を導入することで空調設備に使う電力量とお風呂などの水回りで使うガス代も負担が減ります。

高性能住宅を建てる時には補助を受けよう

耐震と耐気候を備えることで光熱費を抑えられるのが高性能住宅のメリットですが、一点だけデメリットがあるとすればやはり住宅を建てるときの建築費が一般の住宅よりも高くなってしまうことです。しかし値段が高くなるという欠点があっても、やはり安全性や快適性を考えれば納得のいく買い物なので負担軽減策があるのか知りたいところといえます。

高性能住宅を建てる際に、国と自治体がタッグを組んで安心して高性能住宅を立てやすくするための補助金を出す仕組みができているのです。その理由として国や自治体も近年の温暖化の影響が大きくなっていることを懸念しているので、市民が安心して過ごせる環境づくりのために高性能住宅を推進しているので補助を出しています。

補助を受けるためには、国や自治体が行っている補助もしくは助成金の条件を調べて導入を検討するのです。検討して建築業者に依頼をすると、大半は業者側が申請を代わりに行ってくれます。もし自身で行う場合には、自治体に申請をして補助及び助成金申請書を発行し送りましょう。その後建築が終わったことを写真送付することで証明をすると、支払った代金から還付金を受けられるだけでなく住宅関連で支払う税金も優遇措置を受けることができます。

ただし補助金や助成金には、予算計上の関係で必ず期間が存在するので事前に調べておく必要があるのです。

 

高松市を含めた四国は1年を通して温暖な気候のため、日本で数少ない柑橘類を栽培している土地です。ただ近年の温暖化の進行により、高松市も温暖な気候の要因になっている環境条件が高温多湿を生み出してしまっています。高松市も対処するために、高性能住宅を立てやすい環境づくりをしているので利用することがおすすめです。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧