高松で家を建てるなら高性能住宅がおすすめ!今人気の注文住宅メーカーを紹介し ています。

吉田建設株式会社の口コミや評判

公開日:2021/03/15

【詳細】
会社名:吉田建設株式会社
住所:香川県高松市牟礼町牟礼2109-3
TEL:087-845-1188

吉田建設株式会社は創業して以来60年にわたり、高松を中心に地域に密着した事業を行ってきました。時代と共に省エネ基準を満たした住宅作りを基本に、国の住宅認定制度である長期優良住宅や低炭素認定住宅などの高性能住宅を標準仕様にしています。お客様に寄り添い末永く快適に、安心・笑顔で住み続けられる家を目指しているのです。

吉田建設株式会社の家づくりの基本理念

吉田建設株式会社は1951年に創業し、1964年に現在の香川県高松市牟礼町に移ってきました。現場には車で45分以内に行ける高松市内が多く、工事の7割以上が半径5km以内です。高松市を中心に地域に密着した工事をしていく中で、よい評判や悪い評判などは口コミなどですぐに広がります。悪い評判や口コミに対しては常に謙虚に受け止め、改善し向上する努力をしています。

吉田建設では「お客様の夢・会社の夢・社員の夢」の、三つの夢をかたちにする会社であり続けたいと考えています。お客様の夢とは、いい家に住んで幸せな家庭を築くことであり、会社の夢は、お客様と地域社会から求められ全社員が志を一つにした強い会社になることです。

社員の夢は仕事を通して学び成長し、物心共に満たされた人生を築くことです。常にお客様に喜ばれる家づくりを一番に考え、挨拶や掃除をすべての基本として完全実行します。自己の能力を高めためにあらゆる可能性に挑戦し、仲間を大切にしてお互いに援助し合いながら、自分の仕事に対しては責任を持つことで成果を上げているのです。

吉田建設は、お客様よし、会社(社員・協力業者)よし、地域よし、の「三方良し」会社であり、お客様と地域から求められる「地域ナンバーワン」の住宅建築会社であることを目指しています。未来の子ども達のため、家族と地球環境に優しい高性能住宅を作り「健康・省エネ住宅」香川県ベスト3の会社であり、社員が元気で生き生きと働く職場と、輝き成長する会社になることを常に意識しているのです。

吉田建設株式会社の家づくり対するこだわり

吉田建設株式会社では住宅を建てられた方からの口コミによって来店される方も多く、初回相談から設計契約までは無料で行っています。初めての面談の際には「当社の家づくりの想いと七つの考え方」を、きちんと説明してくれます。デザインに関する考え方・環境に対する考え方・健康に対する考え方・性能に対する考え方・技術に関する考え方・お金に関する考え方・アフターサービスに関する考え方などを、不安に思うことをすべてお客様と話をすることで、会社との信頼関係を築いていきたいと考えているのです。

30年後も快適に暮らすために、吉田建設ではこだわりがあります。依頼を受けた住宅はすべて自社大工が施工しています。大工工事業として創業して以来、そのこだわりは変わっていません。現代の住宅工事は分業化され、大工は木工事のみ行っていますが、昔ながらの「棟梁」を置き、現場での指示、納まりは自社大工が全責任持って施工しています。

高性能住宅に不可欠な快適・健康へもこだわり、夏は涼しく冬は暖かい家を目指し「四季を通して湿度差の少ない家」「きれいな空気で満たされた家」が健康住宅だと考え、自然の光と風を取り入れ自然の力で涼しさと暖かさを生み出す「パッシブデザイン」や、高気密・高断熱にもこだわり、まずは建物の構造で外部との温度差をなくしました。

また「熱交換型計画換気システム」と「建材のVOC除去システム」を採用して、室内をきれいな空気で満たし夏は涼しく冬は暖かい家をつくっています。高耐震へのこだわりも忘れずに、将来起こる可能性の高い地震に対しては、今の基準で建てるのではなく「20年後の基準」を見据えて家を建てています

吉田建設株式会社の高性能住宅とは

高性能住宅には明確な基準がありません。吉田建設株式会社が考える高性能住宅は高耐震・高断熱・高気密に優れた住宅です。高耐震においては通常の建築基準法で定める耐震等級1に対いて、将来的に基準が変わることも見据えて1.5倍レベルの等級3を標準としています。壁には地震の力を分散する耐力壁を使用し、加えて地震の衝撃を吸収する制震テープを施工することにより、家全体にダンパー(制震)機能を持たせました。

高気密・高断熱では香川県の基準よりも2ランク高い基準を標準仕様にし、現場ごとに断熱性能を計算し、気密測定を実施してすべて数値化することで、基準をクリアし快適な暮らしを届けています。熱の逃げやすいサッシには高断熱サッシサーモスⅡHやサーモスXを標準仕様にし、壁には高気密・高断熱と高耐震も兼ねた高性能SWパネルを使用するなど、あらゆる場所に標準以上のものを使用して住宅の性能を高めました。

また、国が基準を定めている「長期優良住宅」を施工するにあたり、基礎工事では基礎断熱工法を採用しベタ基礎としている他に、低酸素社会に向けた太陽光発電システムなどを搭載する「住宅のゼロ・エネルギー化推進事業」の住宅も施工しています。ゼロエネルギー住宅ともいわれるZEHは、住宅の断熱性能や省エネ性能を上げるとともに、太陽光発電などの再生可能エネルギーを導入することにより、一次エネルギーと呼ばれる空調・給湯・照明・換気などの年間消費量の収支がゼロとすることを目指した住宅です。吉田建設では低炭素認定住宅において、香川県第1号の家をつくりました。

 

吉田建設株式会社は、匠の技術を継承し活かしながら常に未来を見据え、現代に必要な高性能住宅にもこだわった住宅を施工しています。常に最新の情報を得ることで、設計士の知識の向上と職人の技術を磨き、お客様に寄り添い快適な暮らしを目指して工事を行う建設会社です。

おすすめ関連記事

サイト内検索